妊娠中に起こりやすい便秘!妊婦におすすめの即効性のある解消法

妊娠中は便秘が起こりやすい?

妊娠中は便秘が起こりやすく、時期によってその原因は微妙に異なります。

 

  • 妊娠初期⇒プロゲステロンが筋肉を緩めて消化器官の蠕動運動が低下する
  • 中期~後期⇒子宮の中で赤ちゃんが大きくなって大腸を圧迫する

 

どのような原因にしても便秘が続けば体内の不要物が長く残り、母体にも赤ちゃんにも深刻な影響が出やすいので注意しなければなりません。

 

妊婦におすすめの即効性のある便秘の解消法は?

即効性のある便秘の解消法を探している妊婦さんには、サプリメントの摂取をおすすめします。

 

健康のために食事や運動に気を配らなければならないのは当然ですが、サプリメントで便秘に効果的な成分や栄養素を補給していれば解消のサポートに繋がります。

 

数多くのメーカーから販売されている健康食品の中でも、整腸効果とカルシウムの吸収促進のダブルの作用が期待できるオリゴのおかげがおすすめです。

 

「オリゴのおかげを飲み始めてから効果を実感したのはいつ?」というアンケートを取ってみると以下のような結果が出ました。

 

  • 3日以内:46%
  • 4日~7日:44%
  • 8日~14日:7%
  • 14日以上:3%

 

個人の体質によって異なるものの、アンケートの結果から即効性が期待できることがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

医薬品とは違って副作用のリスクは一切なく、安全に便秘を解消したいという妊婦さんはオリゴのおかげを飲んでみてください。

 

 

健康食品に加えて運動の併用も効果的!

決められた量の健康食品を摂取するだけではなく、運動の併用も妊婦さんの便秘の解消法として適しています。

 

もちろん、身体を激しく動かす短距離走や筋力トレーニングを行うわけではなく、以下の方法であれば妊娠中の女性でも時間を見つけて簡単に取り組めるはずです。

 

  • 足を肩幅に開いて立ち、肩や腕の力を抜いて上体を左右に捻る
  • 姿勢を正して手を上下に振り、1日20分以上に渡ってウォーキングを行う
  • 水中で手足を適度に動かすマタニティスイミングを行う

 

このような運動へと取り組むことにより、腸へと刺激を与えれば蠕動運動を活性化させられるので便通が改善されます。

 

食べ物やサプリメントで善玉菌を増やして腸内環境を整え、同時に運動や体操を行えば辛い便秘を解消できるというメカニズムです。

 

ストレッチやツボ押しといった方法も適しており、有酸素運動と同じように身体へと大きな負担が加わる心配はありません。

 

もちろん、自分勝手な判断で行うのは危険ですし、時期によって適した運動には違いがあるので、まずは産婦人科の医師へと相談してみてください。